<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 目覚まし | main | 吟遊詩人 715 ブノワトン… >>
Hussein Chalayanの靴
先月まで開催されていた東京都現代美術館「SPACE FOR YOUR FUTURE−
アートとデザインの遺伝子を組み替える」にも展示があった、フセイン・チャラヤン。およそ手が届くわけがないはずのお値段の、機能とデザインに優れたすてきな作品ばかりだ。
ユーズドの06−07a/wのパンプスを(たぶん)定価の1/10ほどの金額で手に入れた。足が小さいため、普段はなかなかちょうどよいサイズの靴を探せないのだけれど、これはリボンの分だけ甲を覆う面積が大きいので上手に歩けそう。アイデアをまとめこんだ、チャラヤンのミニマリズムっていうやつを、我が足をもって検証してみたい。




ヘルムート・ラングやヨージ・ヤマモト、トム・フォードなど、世界のトップデザイナー23人のインタビューをまとめた一冊。
この中で、縫い目のことを数日かけて悩んでいるのがフセイン・チャラヤン。
スザンナ フランケル
ブルースインターアクションズ
¥ 2,500
(2005-11)
スポンサーサイト
前のページに戻る
COMMENT










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。