<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 7/28-29,ALPUS BOOK CAMP & 北アルプス国際芸術祭 | main | 〜8/8 ロイヤルコペンハーゲンの修理 >>
7/29-30,北アルプス国際芸術祭と安曇野
お昼はゼーブリックという地元の人気ラーメン店で、一番人気のねぎラーメン。
ここで地元にアトリエを持つ家のご近所さんにこの国際芸術祭で回るべき展示を指南していただいて。
お夕飯もお家に招いていただく約束を。地元に知り合いのいる旅って心強いねー。



作品32 目「濃大町実景舎」

Image.jpg

作品11 淺井裕介「土の泉」

Image.jpg

作品19 新津保 建秀+池上 「高志不可視な都市:ロング•グッドバイ」
雪に見立てているけど塩。

Image.jpg

夜は手作りのお夕食をご一緒させていただいて、お野菜中心で美味しかった。

Image.jpg

20時からの展示へ。作品28 青島左門 「花咲く星に」
生の花にLEDライトを取り付けてあるものが満点の星空と見まごうほどに配置。地面にも夜空にも。子どもたちも気に入って、帰りたくない、っていつまでも振り返って見てた。晴天には満点の星空と重なってそれは見事だったそう。




この日は民宿に戻り就寝。
朝食は美麻ベーカリーのベーグル、チーズ、桃の種類など。



最後にとびきり面白いのを見たぞ。作品34 フェリーチェ・ヴァリーニ「集落のため」




この後東京から安曇野に移住したお友だちを訪ねて。
ソバ畑が美しいことよ。



人気のそば店や産直のお店を案内してもらったり、彼女たちが近くオープン予定のまだ建築中のカフェギャラリーを見せてもらったり。ゲストルームからの眺めも壁のブルーグレーも最高。

Image.jpgImage.jpg

最後に近くのイオンで地元食材を物色して帰路につきました。

Image.jpg

おみやげ朝ごはんでは、桃の種類の人たちも、安曇野飲むヨーグルトも、八街無添加ピーナツバターも特別おいしかったんだけど、hugマフィンの人参ベーグルがおおおおおいしかった。これはまた食べたい。産直食材の中では生のキクラゲが最高に美味しかった。なんだあれは。



生のブルーベリーはヨーグルトとカスタードクリームとの相性が良すぎるな。

Image.jpg
スポンサーサイト
前のページに戻る
COMMENT










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。