<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
東京家族旅③


3日目。パンケーキモーニングを目指して早めにチェックアウト、ディズニーランドへ。これまたアクセスの良い半蔵門線経由でわずか35分足らずで到着するのだった。途中車窓から見た葛西の観覧車ごしの富士山が美しかった!混雑する車内で「え!浜松じゃなくても富士山って見えるの?ふしぎだねー!」と上の子がでかい声で驚く、いnあかmnm!

舞浜駅に降り立つやいなや、駅構内の広告やら、リゾートラインの車両やらのミッキーのイラストが目に飛び込んで来るたびに「ぴっぴ!パパー!ぴっぴ!」と大声で歓喜する(そしてなぜかいちいちパパに知らせる)のに忙しい次男。園内に入ってすぐに遭遇したグリーティング中のミニーちゃんには驚きすぎてもう声出てない。口をぱくぱくさせる。



憧れていたパンケーキモーニング。今はミッキーの顔の形じゃないんだって。
パンケーキのセットは本当にパンケーキしかないので、スクランブルエッグとソーセージのセットと両方オーダーしておいて正解。



長男と2人、ディズニードローイングクラスでミニーちゃんを作画。
こちらは実費で500円。作品と鉛筆、作品ばさみが貰える。
3歳は1人では難しいとのこと。授業形式の30分間座っていることはできても、先生の言う「ここから3/4くらいの長さで」などというような表現が理解出来ないから、だそうで、なるほど。
すてきなミニーが描けたよ!



(開始までの時間絵を描いていたので、)ほとんど時間のロスなくスーパードゥーパージャンピングタイム。兄は中のスペースで踊るよ。



弟は外の立ち見席でエルゴ抱っこ、動くミッキーにびっくりしすぎて母の胸で寝ることにしたらしい。



長男の方はというと、後半ステージから降りてきたミッキーにまっさきに両手でほっぺを包んでもらってから全身をギュされてた。しかもミニーちゃんからはギュされただけじゃなくてほっぺにチュされたんだって!。ラストのバルーンへはドナルドに手を引いて誘導してもらってた。なかなかやるわねあの子。(たぶんバースデーシール効果)

北斎でシーメー。



長男とパパがゴーカートを乗っている間に、ママと次男でミッキーの家の待ち時間をこなし、ママの友だちと合流。



きゃーミッキー!



ミニーオーミニーで子どもたち寝落ち、しばし親子共々休息タイムに充てる。次いでペコス・グーフィーのフロンティアレビューでディナー!
うまいものはここに有ったか感あり。ドリンクも蹄鉄型のパンもお代わり自由。



失敗を重ねつつ奮闘するグーフィーを尻目に、見せ場となるイイトコは全部ミッキーが持っていってしまうという非情でとびきり楽しいストーリー。シェフミッキーもかわいいがローズペタルが魅力的。フレンチカンカンも圧巻。ショーのクオリティがとても高くよかった。
このダイヤモンドホースシューのショーとパレードをおさえたら、あとはアトラクションの待ち時間にほぼ消えたとしてもだいたい堪能できたというような満足感が得られそう。



夕食後は朝いちでファストパスをおさえておいたハニーハント。そして次男にぴっぴのぬいぐるみを選んで帰路につく。(長男は弟にミッキーのぬいぐるみを買ってあげることを旅行前からずっと楽しみにしていた。)
「かえりたくなーい」と長男。雰囲気で察して「ぴっぴー!ばいばーい!」と手を振り続ける次男が切ないかわいい。充実のおのぼり仕様2泊3日だった。

おつかれ。
(3y11m&1y6m)
東京家族旅②
東京旅、2日目です。
この日は家族でどっか行こうぜ、ということで、おのぼりさんよろしくスカイツリーへ。昨日は渋谷からホテルまで1本で来れたし、ホテルから押上までも1本でほんと便利だった。半蔵門線アクセス良し、見直したぜ。
朝食もスカイツリーで食べた。何気ないコーヒー屋のサンドイッチのうまいこと。東京っていいな。(私、もう食いしんぼうとか言えないくらい舌が退化してると思う)

ノンカフェアリナミンを煽ってから、いざ外に出て見上げると、どどーん!



展望台行きの整理券をゲットしてからソラマチタウンをざっと流し、トミカ工場で子どもたちそれぞれマイトラックを生産したら、



今度はランチ。
すーしー。
はう、旨い。静岡は魚どころなんだけど、私やっぱり江戸鮨派、シャリが甘くない。ちょっと贅沢に単品で追加したアワビとツブ貝、磯の香りが強過ぎるぜ。



おこさまにぎり。いくら!いくら!



13時からの券をゲットしていたのでさっそく展望フロアへ。



天望デッキへ向かうエレベーターには、スカイツリーと富士山、都鳥が描かれていた。(右面下、富士山ちっちゃい。)



長男はすっかりソラカラちゃんのとりこに。しばしソラカラと情熱的にダンスを踊り、それを周りで見ていた奥さままでも売店へ買いに走らせる。



目覚めたらテンション高くソラカラちゃんと踊っている人がいたので、つられて抱きしめたり軽く投げたりしてみた人。



ママはminaの展望台限定トートのミニサイズ黒をゲットしてほくほく。(麻生地が柔らかいの&内側が黒くて中の荷物が確認しづらいので、帰ってから内側に薄いキャンバス地をミシンでざっと縫って貼ってみたら最高に使いやすい。)



ガラス床、まったく物怖じしない人。



移動して東京に。丸ビルコンランショップでスプーンを買い、お向かいの新しい東京駅を眺める。中もちゃんと見たかったな。



この辺りで長男が眠たくなってしまったので、この日の夕食は新丸ビル地下でかんたんに済ませ、食事をとって若干長男のMP復活した隙を見て、ひとりマリメッコに。うふ。
クリスマスプレゼントを仕込んで帰りました。

この夜のスカイツリーは青。



つづく。

(3y11m&1y6m)

江戸 東京 寿し常
東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリータウン東京ソラマチ内 東地区7F
TEL03-5809-7083
11:00〜23:00


大きな地図で見る
東京家族旅①
東京に行ってました。なかなか楽しかったよ。

初日、まずは友だち親子とランチ。渋谷VIRONを予約しておいてくれたの。
VIRONに子連れで行こうだなんて、自分じゃ絶対ひらめかないから嬉しかった!子連れ2組をものすごいホスピタリティで迎え入れてもらった、さすがVIRON。
あらかじめ抑えてもらっていた席の他に、ボックス席の空きもあり、どちらか選ばせてもらえたので、死角になって目立たない側のボックス席に通してもらう。ソファーシート用の子どもの底上げイスをお借りし、もうすぐ4歳の長男は1人で、1歳半の次男はママのひざで。



はう、文字通り釜出しのバケットの旨さよ、おかわりにおかわりを重ね、わたし1人で1本分食べたかもしらん。子どもたちもクラストまでもりもりと食べる。



ランチはメインとドリンクの一番軽めの組み合わせを選んだんだけれど、別にデザートをつけてもらった。メインは白身魚のポワレ。



デザートの黒板を見て長男がまっしぐらに選んだものはタルトタタン!
最近彼と私の一番のお気に入り番組『グレーテルのかまど』で、タルトタタンの回を観たばかりだから、「ぼく、いちどたべてみたかったんだー♡」とのこと。VIRONでいただくタルトタタンは間違いなく本場物やで。



ママはカフェインレスのドリンクから選んだルイボスティーにうっとりしたよ。あんなルイボスティー初めて!お日さまみたいな黄金色でとろんとした舌触り、甘い豊潤な香り。



などという豪奢なランチを経て、お友だちとふくふくしい3ヶ月の赤ちゃんのおもちのような頬に別れを告げて、NHKホールに。代々木公園は少し紅葉し始めていて、長男と歩く道々はぽかぽかと穏やかで暖かくて気持ちよかった。VIRONのある東急本店前からNHKホールまで、距離的にもちょうど良し。

NHKでは秋イベント中、おかあさんといっしょのファミリーコンサートを観る。抽選には外れていたけど、一般販売が出ることってあるんですね。あるんですよ。しかも発売日の翌日でもまだ取れたの。
たくみお姉さんの超絶なかわいさに目の焦点が合わないのが悔やまれるけど3F席だから仕方ないね。それでも長男も次男も存分に堪能。



終了後、夕方の渋谷にて軽く夕食をとってホテルに。
チェックインしてみると、10Fの部屋からはなんとスカイツリーが見えた。(けどまだ見たことないし、形状もよく覚えていないから、子どもたちに自信を持って言えず、「あれがスカイツリーだよたぶん」と教える)
この日の色は白でした。



つづく。

(3y11m&1y6m)

VIRON 渋谷店 (ヴィロン)
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 1F
TEL03-5458-1770
9:00〜22:00


大きな地図で見る
前のページに戻る