<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
白パン、笹飾り、でっち羊羹、
やっぱりべーグルは焼き立てだったね、でも工程が多くて、朝焼きはちょっとあれだな、、(なぜなら最近長男が5時半に起きて準備しているから、、)ということもあって、白パン焼きを復活させてたいな、と思っていました。
かつてご飯を炊くようにせっせと焼いていたくらいに、扱いが簡単で、味も安定していて、触れる回数も少なくて、ふんわりもっちりで翌日でも子どもにも食べやすい、っていうメリットずくめじゃない?
1回目はどしゃぶりの日に幼稚園の送迎をしてくれたママのためにお礼で焼いてみて(午前保育の間に焼けちゃうという手軽さデスヨ)、



2回目は早めの夕食の日だったので、子どもたちと夕食〜就寝の間に焼いてみた。



最近お昼が1人なのでささっとすませることが増えて、夕飯時におなかが空き過ぎるのですが、、
子どもたちがお風呂に入っている隙に、あれを食べましょう、ってことで、東京駅で買って来てもらった「金のでっち羊羹」をいただく。近江銘菓だけど東京駅土産のわたし的定番。なんだろう、羊羹とういろうの間の子みたいなこの食感は、好きすぎる。むっちむっち。あと竹の皮に包まれているのでこの香り。



今日は午前中に笹飾りを作っておいたからね。帰って来たらお願いごとを書きましょう。シュンカは「新しいトイレが買ってもらえますように」って書いてもらおうね。

パンケーキ、大型パンとか


手も頭もすっかり忘れてしまっているので、違う種類のパンを作るたびに計量間違えたりクープ切るの忘れたり、段取り悪くて中断してで冷蔵庫に突っ込んで外出したりして、この毎度のゆるさも博打感もなかなかいいでしょう。それでも形になるし大型パンだとクラムふかふかだし、ある程度おいしいからいいなと。




しほさんが「このじめじめはまさにパンケーキの作りどき。」とツイートしていたので、すかさずパンケーキ。やっぱりおいしいね何ともシュワシュワした生地の感じ。



みんなやっているのかもしれないけれど、粉ものの計量にはジップロックの小さい丸型が便利だよね。粉ふるいにパカッとそのまま移せて、紙とか要らなくて。しほさんのちいさなレシピのお菓子を作るようになってからやるようになったんだけど、本当に便利。本当は小サイズは角形が好きだったけど、ジップロックコンテナの買い替えを機に全部丸にした。
それから本見ながら作るときはこれもほんと便利なー。、いかクリップ必須。




無水鍋のカンパーニュってやってみたい。パカッとクープが開くんでしょう。
パン2種、
今日はやる気を出して2種。



今日もオラフがいる。白パンにはだいぶ前にもらったプレッツェン棒を初使用。
けれど、食パンを焼き上げたところで時間が足りなくて冷蔵庫につっこんで、幼稚園ピックアップそしてスイミングに。



3時間ほりこんだままで、せっかくのおしりーなの意味もあまり無くなってるけれどなんとか焼き上がってよかった。冷蔵発酵の光明が見える?(でも朝までだとうまくいかないんだよねー。焼き立てを朝食べるってやってみたいけれど。)それから食パンは杏の巻き込みが前回よりもへた。正解ってどうだっけ?



なぜかキッチンにおいてあったIfniコーヒー。

今日焼いたパン、
今日焼いたパン。杏たっぷり角食。



角食が久しぶりすぎるから左右別の巻き方にしてみたけど、どっちも違うな…。
でも大型パンは水分が閉じ込められるから自分で焼いてもうまいな。4時過ぎてからのおやつなのに、子どもたちと3人で半斤ペロリと食べた。杏、ちょうどいい酸味でフィリングにぴったりね、今年もやるかなー。
今日の角、
picstitch.jpg picstitch.jpg

数回焼いてて分かったことは一番最初に焼いたのが良い出来だったんだな、ということ。発酵が早く暑すぎないオーブン活動のベストシーズン到来中だけど、そこまでパン焼きに気持ちがはまっていないという問題が静かに進行中。
角食、蒸しパン、


手探り角食、久しぶり。3分割して型に並べてみた。フタだけ油を塗り忘れたのではじっこが貼り付いて外す時にけっこうよれたのが残念だけど、マァきれいだわねお肌。
連休にパン先生から虎の子帳を譲り受けて来たのだが、そこには生地を伸ばし方ひとつをとっても、「生地を角にガスを残すように伸ばす」とか、「ベンチタイム後の生地を裏返してから伸ばす」とか、「3分の1ずつ各方向に伸ばしていく」とか、まー考えたことも無い記述がくり返されているのだった。彼女がパンとかは教室に通って習うもの、と仰る意味が分かるわ。日常的にパンを焼き始めて4、5年目くらいかしら、これらの手技として確立していそうな技術を始めから持って焼き続けるのと、やみくもにこねくり回しているのとでは雲泥の差になるさな、もったいないわねこの年月、ということを学んだぜ。だからといって学校行くか、という運びにもならないけれど。昼はこの上出来角食パンでサンドイッチに。

朝はみうたさんレシピ、『15分でできるみうたさんの蒸しパン&蒸しまんじゅう』の基本の蒸しパンに何年前の梅シロップの梅の実だか分からないビンテージ梅を刻んで入れた、梅蒸しパン。これめちゃ旨かった。



昼食後におやつ兼夜デザート用に焼いたあんずのカップケーキは『おやつですよ―くり返し作るわたしの定番レシピ集』のゆずパウンドのアレンジ。生クリーム消費にも良いこのレシピはけっこう好き。去年の杏入り。



結論)こうして並べてみると本人は意識していないつもりでも今年の仕込みシーズンに備えているように見受けらる。




サンドイッチつくろう、
超久しぶりにパンを焼きました。ちいさなレシピ中はパンには手が回らんかって。あとちまちまとかひなたパンとかいただいていたし。なんでパンを焼くことになったかというと、『サンドイッチつくろう』の日だったから。(昨晩読んだから。)サンドイッチの材料を買いに行ったのにパンを買い忘れたから。
昨年の誕生日にプレゼントしてもらった絵本『サンドイッチつくろう (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)』は読むたびに「おなじことしたい」とのことで、これはもはや4歳児の夢の食卓なのだ。

パンを仕込みつつ、2歳も4歳もみんなでポテトサラダを作ったり、レタスの水切りをしたり、



タマネギの汁は目にしみるか、を試してみたり。



食パン作りは初めてアルタイト型のフタを閉めて角食に挑戦しよかと。
いつもは380gで山食にしているので、吟味した300g程度のレシピとか手元にないから、強力粉の袋に書いてあるレシピでやってみたよw。
2次発酵をもうちょい粘ってもよかったのかしら、角みっちりにちと足りず、



だけどもちもちふんわりで超うまかった。耳まで超うまい。やっぱり自分でパン焼こう♡とか思いました。焼いたパンは超かわいいしな。
興奮のあまりおしゃべりするばかりでちっとも食べ進まない長男、しっかり絵本を読んでいたという印象も少ない割りにサンドイッチ作りを心得ていた次男、今晩は盛り上がりました。



ウインナーロール


今週はちいさなレシピを1ダースもお休みなので気兼ねなくパン焼き。バレンタインを乗り越え、製菓疲れを起こしているであろうおやつの民を慮って、企画中に関わらず思い切って1週休みにしちゃうという英断をされたなかしましほさんとほぼ日すげーとか、レシピの発表がなくてさみしいなーという思いと、ほっとしている思いと、みんなそうなんだろうな。この前パン屋で買ったソーセージ入りのパンを鉄分の不足気味な下の子がよく食べたので、ホウレンソウ生地で巻いてみた。ウインナーロール初。ソーセージだけほじくりだすの禁止。
ほうれん草パン、


今日はパンも焼いた。ホウレンソウ入り、ホウレンソウが入るので水分だけ控えめにして白パンレシピで。
ホットビスケットあとの庫内の余熱を利用して発酵。結構なミドリ。ヨモギ大福…。
さつまいもの巻き込み食パン、
さつまいもの食パン、普段のレシピ以外で美味しく焼けたっていうのが嬉しい。
生地自体にサツマイモが200gも入っている。さらに巻き込みパンにしたので、全部で350gのサツマイモ入り。芋消費に◎。

砂糖の代わりに黒砂糖。仕込み水は合わせて201g、水、卵、コンデンスミルク、
クイジナートの羽根が回るぎりぎりの水分量だったからもう少し水を控えても良いかも、



卵とコンデンスミルクが入っているというのに、さらにバターも30g入って超リッチ。



巻き込み用はサツマイモ150gにメープルシロップ20g、3回転を目安に巻く。



いつもより80gも粉が少なめだというのに、すごい伸びた。
焼き上がりのタイミングで幼稚園のお迎えに出かけ、帰宅後のおやつに切り分けてみたんだけれど、ウマ。しっとーーりフンワリでメープルの香りも◎。ずっしりしっとりフンワリ加減がシフォンみたい。
また焼こう、巻き込みなしも食べてみたい。まだまだ芋在庫有り。



(先生Thanks!)

分量メモ
強力粉300g、サツマイモ200g、砂糖30g、塩6g、イースト9g
コンデンスミルク21g、卵、水
バター30g
前のページに戻る