<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
dans la nature、long track foods、とみりん粕グラノーラと塩辛。
dans la natureをいただいています。ザクザクタイム!至福やね。



そうこうしていますと、大阪から仲良くしていただいている素敵なご夫妻が自家焙煎のコーヒーを始めて販売されるという素敵場面に立ち会わせていただいたのですが、そのお豆が届いたね。めっちゃ素敵だろう。toncoffeeっていう名前だよ。
ハンドドリップが下手くそです、と告白したところ、購入分の半分をハンドドリップ用、半分をコーヒーメーカー用に挽いてくださったのであります。



はわわ、美味しい。研ぎ澄ませていただきました。



そうこうしていますと、静岡のお友だちから都会のお土産シリーズが届きまして、



このlong track foodsのパンケーキミックスがああ、半端なく美味かったですうう。バカウマです。



自分ではグラノーラとか作って悦に浸っています。なかしましほさんレシピの基本のグラノーラで、飛鳥山というみりんのみりん粕を入れた、こぼれ梅グラノーラにいたしましたところ、おそろしく美味しいグラノーラが完成しました。みりん粕がまずうまいのですがね。



もう一つ美味しかったのが父の塩辛です。
居酒屋で出るような手作りの腑入り塩辛なんだけれど、これをどんぶりご飯いっぱい食べたいなぁと送ってもらったんだよ。
 


身、耳と足のパーツごとで2パックきたんだけど、たまらずその場で一膳ね。ベガルタ仙台の皆様に見つめられながら。

ダンラナチュール×巣巣
今年はバレンタインに合わせて巣巣のお菓子箱をお取り寄せ。ダンラナチュール久しぶり。気取ってなくてなっちゃんの菓子〜っていうほっとする感が健在だねー、なんて食べ始めたけれど、今やなかなか入手しにくい人気店になっているそうで、instaでそのようなコメント貰ってより有難くいただく。



甘くて濃厚なガトーショコラと、ざくざくのクッキーに柑橘ピール入りホワイトチョコレートのサンド、おいしかった♡

ゼリーのyeah,
ゼリーのイエ詰め合わせゼリー、これはテンションあがる!
キラキラしとうもん、



三連休はこれを持って、子どもたちにとっての曾祖母89歳のお祝いを夫実家にてしようと思ったのだけれど、都合が合わないようだったのでクール宅急便で半分を転送。子どもたちそれぞれに好きなものを選んでもらい、あとはプレゼント用に詰め直すのにバランスが良さそうなカラーを選別。残り半分を「おばあちゃん、おめでとう」と言いながらいただく。ワーワーキャーキャー。



なんだろうね、この世界。この興奮は他では味わえないものだしこの手間はちょっと再現出来そうも無い。すごい。
見た目もさることながら評判通り味も◎。ぶるんぶるんの塩梅、絶妙。あとクリアのゼリーとミルク系のそれぞれの感じとかバランスとか。勉強になる。食べた中で1番好きだった胡麻のミルクゼリーなんて1色なのに5層で重ねて合った、なんて手が掛かっているんだろう。



感動した。
フードムード、
台風待ちスペシャルでレモンとココナツのクッキー、酒粕クラッカー、黒ごまスティック、ジンジャービスケット、



主に朝食に、日替わりフルーツとヨーグルトにのっけてメイプルグラノーラ、



作品感さえ漂っていたピーナツバターのクッキー、



どれもこれももう。ガリポリ系がものすごくしっくりきた。レモンの酸味とココナツの舌触りとかジンジャーの濃度とか、小さい三角とか黒胡麻あたりの滋味旨っぽさたら。
foodmood、
foodmoodがやってきた!この夏の心残りを慮ってくれました国立在住のjちゃん、真的非常感謝。「送るねー」連絡を貰った時から小箱の現在の行方を想像するだけでよだれがこぼれそうだったんだけれど、手にした今はもったいなすぎてパッケージの黄色いの見るだけでおなかが満たされようかという境地。

__.JPG

まだ食べない。

__.JPG


掛川マッターホーン、


すきなピノ、


冷凍庫に隠してたやつ。ストロベリーチョコ×ミルクチョコの組み合わせ、最高においしかったなー。パッケージもピンクのピノにブルーのリボンでかわいかったなー。
milou、




今日は公園帰りにmilouに寄ってケーキを買って来たです。先日放映されていた地元TVのスイーツパンランキングで静岡西部地区第2位を獲得してた(でも宣材写真で提出してもらったんだろうな的な写真1枚で取材すらなかった模様、他地区はタレントさんが表彰状もって突撃してたのにな。)ので、刷り込み的に脳が食べたいなとか思ってたんだろな、立ち寄ったわけです。
今日はショーケースにまだまだ選べるほどに並んでいました。それぞれの大皿の柄や色がバラバラでなんかかっこええ。ガラスケースの向こう側に厨房が見えるのですが、口金を刺すためだけのラックとかフランスアンティークでこちらもすてきでよかったです。天井の高い店内、光に透ける織りのカーテン、すてきでやんした。(あと絵本の直販コーナーにはセーラーとペッカシリーズの1冊が!)



あれこれ買った内容は、長男チョイスのニューヨークチーズケーキ、次男用バナナシフォン、ニンジンのケーキ、パン・ド・ジェーヌ、バニラのマフィン。ニンジンのケーキが懐かしい感じで美味しかったな。総じて濃いめなのがいつも気になるところなのよね、ちょっと余韻に響いてく感じ。大きいからかも知れないんだけれど。一番ぐっと来たのが焼き菓子コーナーから連れ帰ったバニラマフィン。紙カップに入ったかわいいの、こういうのはお店ならではだなぁと思うよなお味もすごく繊細な感じ。私は今、繊細とか洗練とかを求めている。

milou ミルゥ 
静岡県浜松市浜北区貴布祢99-1
053-584-4855
10:00〜20:00
月定休

大きな地図で見る
シュトーレン切り分け、


今年買ったシュトーレンを切り分けました。今年はひなたパンとKWEEBUUの2コ。左がひなた、右がKWEEBUU。

KWEEBUUは、ぱくっと畳んだような王道的容姿、白い粉砂糖で覆われたでこぼこに溢れたレーズンなどが見え隠れ。ナイフを入れた瞬間、すっと入る感触にシットリを感じる。これが食べてみるといかにも焼き菓子職人が作ったらしいバターケーキのようなしっとり加減。中心部分の感じフィナンシェみたいで好きだな。甘みもバターも重すぎなくて食べやすい。返す返すも今年で焼き菓子便が最後だということが悔やまれる。王道シュトーレンの概念からはすこし外れるのかもしれないけれど、意表を突くおいしさがあってかなりの高評価◎、273g。



ひなたパンはなめらかな継ぎ目のないラウンドに近いコッペパン形。化粧砂糖はきび糖。もう3年も食べているのにどうしてこうも忘れてしまうのだろう、去年の味を。今回はKWEEBUUとの対比も合ってパン屋のシュトーレンという印象強し。手を添えてもなお力まないとナイフは入らないほどクラムはしっかりとして、目にもはっきりと境が分かる。クラストも乾いたところと無花果の果肉などと相まってしっとりしている部分と、ナッツのカリカリとしたコントラストと。断面がまた美しい。こちらの方が油脂の重さはなく、控えめな甘みとスパイスの加減がピンと舌に来る絶妙な加減。288g。

KWEEBUUの12月菓子、


おお、クリスマスっぽい!クランベリーサブレ、キッフェルン、チョコアーモンド、アーモンドチョコクグロフ、それにシュトーレン、KWEEBUUのクリスマス菓子。砂糖使いが絶妙。

このお菓子便は2度目なんだけれど、これで最終なのだそうです。残念です。クエブーのマフィン、またいつか食べられるだろうか。

KWEEBUU
前のページに戻る