<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

8/13、8/14-16 夏キャンプ
8/13、子どもたちだけで新幹線に乗って祖父母の家に。(私はその間に映画を見てデパートの催事でランチをして家に帰ってのんびり昼寝をしました。)

恒例のいってらっしゃい。昨日の話です。

@erhstがシェアした投稿 -



8/14、子どもたちをピックアップしてキャンプ場へ。
テントの設営が終わったら、パスタを冷やして持って行ったのでランチ。これが美味しかったナー。キャンプの定番にしよう。野菜切ってドレッシングで和えただけの冷製パスタ。

Image.jpg

食後は早速の川活動。(お盆時期は水辺はダメって昔の人が言ったからこれまでお盆ど真ん中に川遊びをしたことはなかったというのにねぇ。この後3度も入るわけですが無事でよかったです。)



かなり冷えるのでたき火で温まる。さむさむさむさむさむさむ。

Image.jpg

夜はバーベキューなので炊飯だけしつつ。
 


おやつに山バーです。



Image.jpg

8/15、4時半に起床して、昨夜仕掛けたバナナの回収。カブもクワもいないな。沢ガニも取り放題というわけでないし、お盆ともなると夏も折り返し切ってるのね、、。



ホットドッグで朝ごはんの後、川遊び。



ちなみに雨も降っていて川面は霧で霞んでいて寒い。



寒いとか構うことなく泳ぐ人。



朝食ついでに仕込んでおいたグリーンカレーとご飯の炊飯、昨夜の残り御飯の蒸し直しの試み。



お昼食べたあとだって川遊び。
飛び込む人、流される人。(動画です)

飛ぶひと流れるひと。

@erhstがシェアした投稿 -




たき火で温まったら近所のしばちゃんでソフトクリーム。
テントに戻って大人はコットで昼寝。兄弟はキャッチボール。後で様子を見に言ったら、もう2人だけで成立してるんだな。弟の方もこの距離投げられてボールも取れてなかなかすごいな。



夜はこれにするよ、お友だちからお土産でいただいたばかりのソーキそば。



デザートはスイカを朝から冷やしてる。



8/16、ちょこっと晴天の朝5時、せっかくの山の朝をみんなが起きてくるまでiphoneとか見てんのもなんか違うな、と思って、1人で火を起こしてなかしましほさんパンケーキを焼いた。1人でも火が起きたし、途中からはじゃんじゃか雨が。



雨に降られたり降られたりの2泊3日だったけれど、それに耐えうるキャンプスキルがついたな、ということの確認のような旅で楽しかった。トランプもUNOもオセロも忘れちゃったけれど夜にやった妄想ババ抜きとか空想オセロとか楽しかったな。
この後本降りに見舞われて、初の土砂降りの中撤収。

Image.jpg

恒例の里のご飯うまいな。

7/29-30,北アルプス国際芸術祭と安曇野
お昼はゼーブリックという地元の人気ラーメン店で、一番人気のねぎラーメン。
ここで地元にアトリエを持つ家のご近所さんにこの国際芸術祭で回るべき展示を指南していただいて。
お夕飯もお家に招いていただく約束を。地元に知り合いのいる旅って心強いねー。



作品32 目「濃大町実景舎」

Image.jpg

作品11 淺井裕介「土の泉」

Image.jpg

作品19 新津保 建秀+池上 「高志不可視な都市:ロング•グッドバイ」
雪に見立てているけど塩。

Image.jpg

夜は手作りのお夕食をご一緒させていただいて、お野菜中心で美味しかった。

Image.jpg

20時からの展示へ。作品28 青島左門 「花咲く星に」
生の花にLEDライトを取り付けてあるものが満点の星空と見まごうほどに配置。地面にも夜空にも。子どもたちも気に入って、帰りたくない、っていつまでも振り返って見てた。晴天には満点の星空と重なってそれは見事だったそう。




この日は民宿に戻り就寝。
朝食は美麻ベーカリーのベーグル、チーズ、桃の種類など。



最後にとびきり面白いのを見たぞ。作品34 フェリーチェ・ヴァリーニ「集落のため」




この後東京から安曇野に移住したお友だちを訪ねて。
ソバ畑が美しいことよ。



人気のそば店や産直のお店を案内してもらったり、彼女たちが近くオープン予定のまだ建築中のカフェギャラリーを見せてもらったり。ゲストルームからの眺めも壁のブルーグレーも最高。

Image.jpgImage.jpg

最後に近くのイオンで地元食材を物色して帰路につきました。

Image.jpg

おみやげ朝ごはんでは、桃の種類の人たちも、安曇野飲むヨーグルトも、八街無添加ピーナツバターも特別おいしかったんだけど、hugマフィンの人参ベーグルがおおおおおいしかった。これはまた食べたい。産直食材の中では生のキクラゲが最高に美味しかった。なんだあれは。



生のブルーベリーはヨーグルトとカスタードクリームとの相性が良すぎるな。

Image.jpg
7/28-29,ALPUS BOOK CAMP & 北アルプス国際芸術祭
小学生が夏休みにインするなり、の長野旅行へ出かけました。

1泊目はALPUS BOOK CAMPという古本屋さんの立ち上げた湖のほとりのキャンプ場で行われているイベントでバンガローキャンプ。



チェックインしたのはキャンプ出展者さんの設営日と前夜祭の日だったので、のんびりとお店の様子を眺めたり、温泉に行ったり。夜半からあいにくの雨だったけれど、そこはバンガローだから大丈夫だったのでした。バンガローのカビ臭さ我慢さえすれば。(大きい車だったら旅行にキャンプ泊を組み込んだ旅程が組めるんだろうけどなー。)




スーパーに朝ごはんを調達に。中身はおやきと同じで切り干し大根や野沢菜、あんこなどのバリエーションだけど、まわりが中華まんの皮状でふかふかのもの。



花火は8時まで。



湖畔の夜。



朝。ちょっとだけ晴れてた。



気温はとても低かったのだけれど、泳ぎたいっていうから沐浴風湖水浴。



そろそろ立ち上がってきたお店を散策してお買い物。





なかしま山バーとベーグルと無添加ピーナツバター、本はこれを。
自分の本は島尾伸三の見たことのない本で欲しいのがあったんだけれど、高いのか安いのかよくわからないから買わなかった。amazonとかあるしな。という古書店のテントで元も子もないことを考えてしまってだめね。



キッズ向けのアクティビティの完成前に試乗させてもらったりして、



チェックアウト。



「北アルプス国際芸術祭」というのは6月から丸2ヶ月に渡って開催されていた、北アルプス山麓の地域資源に国内外のアーティストが展示を繰り広げていたトリエンナーレタイプの芸術祭。それで、このブックキャンプ開催の木崎湖にあったのがこちら。
作品27 五十嵐靖晃「雲結い」。



こっちは木崎湖キャンプ場に一番近い展示。作品24 ケイトリン・RC・ブラウン&ウェイ「ベールの向こうに」。

前のページに戻る